「給食費無料は詐欺」発言に同調 自民国対委員長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の竹下亘国対委員長は19日、沖縄県うるま市長選の野党系候補の学校給食費無料化を巡る公約を「詐欺行為にも等しい沖縄特有のいつもの戦術」とした自民党の古屋圭司選対委員長によるフェイスブックでの批判について「そういう側面はあるのではないか」と同調した。東京都内で記者団に語った。

 野党は古屋氏の発言を「差別的だ」と問題視しており、反発が強まるのは必至だ。

 竹下氏はこれに先立つ自民、公明両党の幹事長会談に同席。会談では、23日投開票のうるま市長選で両党が推薦する無所属現職の3選を目指すことで一致した。