城西大で不適切支出の疑い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 城西大(埼玉県)などを運営する学校法人城西大学(東京都)は19日、水田宗子前理事長時代に不適切か、もしくは使途や根拠が不明瞭な支出があった疑いがあるとして、弁護士と公認会計士でつくる会計調査委員会を設置し、近く会合を開くと発表した。こうした支出は1億5千万円以上になるとみられ、法人は調査結果を見て、刑事告発するかどうか判断するとしている。

 水田前理事長の父親は法人の創立者、母親は名誉理事長を務め、いずれも故人。水田前理事長は昨年11月に退任し、現在は理事を務めている。