競泳の日本代表チームが合宿公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 競泳の世界選手権(7月・ブダペスト)に出場する日本代表の合宿が19日、東京・国立スポーツ科学センター(JISS)で公開され、リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(ブリヂストン)は男子の主将に指名されて「試合で好結果を残さないと、誰も言うことを聞いてくれない。チームの士気を上げられる結果を残したい」と意気込みを語った。

 女子主将は個人メドレーの清水咲子(ミキハウス)が務める。チーム最多の個人5種目で出場権を獲得した池江璃花子(ルネサンス亀戸)は「全種目でいい成績を狙う」と述べた。合宿は21日まで行われる。