フィギュア、20日から国別対抗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦の公式練習で、調整する羽生結弦=国立代々木競技場

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は20日、日本など6カ国が参加し、東京・国立代々木競技場で開幕する。19日に公式練習が行われ、男子の世界選手権王者の羽生結弦は3種類の4回転ジャンプを決め「今シーズン最高の演技だったと思えるようにしたい」と意気込んだ。

 女子の樋口新葉は大技のトリプルアクセルを2度着氷。本番で挑まないというが「ふわっと浮いて回った感じ。何も考え過ぎずに跳べたかなと思う」と興奮気味だった。

 男子で初出場となる世界選手権2位の宇野昌磨は失敗が目立った4回転フリップの修正に努め、女子で世界選手権5位の三原舞依は演目を入念に確認した。