ロシア、北朝鮮と定期航路

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【モスクワ共同】ロシア極東ウラジオストクと北朝鮮北東部の経済特区、羅先との間に5月8日から定期航路が開かれる。弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対する制裁として日本への入港が禁止された貨客船「万景峰」を使い、月に約6往復するという。

 運航に関わるロシアの「インベスト・ストロイ・トレスト」社のウラジーミル・バラノフ社長が19日、明らかにした。社長によると、北朝鮮とロシアを結ぶ唯一の定期航路になる。北朝鮮との経済協力に前向きなロシアの姿勢が明確になった。

 ロシアからは人道支援物資や機械の修理部品などを輸出。北朝鮮からは家具や衣料品の輸入を想定している。