日豪、対北朝鮮へ連携強化で一致 防衛相、米国も加え3カ国

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 稲田朋美防衛相は19日、オーストラリアのペイン国防相と防衛省で会談した。核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮への対処を念頭に、準同盟国と位置付ける同国に米国を加えた3カ国の連携を強化する考えで一致。稲田氏は「地域の安全保障環境が厳しさを増す中、日豪の防衛協力の重要性は非常に高まっている」と強調した。

 ペイン氏は「より高レベルな共同訓練などの協力を模索したい」と応じた。両氏は航空自衛隊とオーストラリア空軍の戦闘機による共同訓練を来年中に初めて日本で実施する方針で合意した。