首里城公園に不審な女2人 防犯カメラ、器物損壊事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 那覇市の世界遺産・首里城跡の敷地内で「守礼門」などに油のような液体が付着しているのが見つかった器物損壊事件で、首里城公園の防犯カメラに不審な女2人が写っていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。明治神宮(東京都渋谷区)での同様の事件で警視庁が逮捕状を取った中国籍の女2人に特徴が似ており、沖縄県警が慎重に調べを進めている。

 明治神宮の鳥居や門などに3日、油のような液体を掛け、染みを付けた建造物損壊などの疑いが掛けられているのは、朴今玉容疑者と朴善愛容疑者。2人は3月27日に上海から那覇空港に着いたとされる。