世界初の武装砕氷船 ロシア軍が建造開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ロシア海軍が建造する巡視用の砕氷船のイメージ(ロシア国防省提供・共同)

 【モスクワ共同】ロシア海軍は19日、北極海の権益確保を狙い、ミサイルや艦砲を搭載した「世界で類のない」巡視用の砕氷船の建造を始めた。海軍のコロリョフ総司令官は式典で「今日はわれわれの北極圏を守る船の誕生日だ」と述べ、多機能の武装砕氷船の建造が「海軍史の重要な節目」になると強調した。

 国防省は昨年4月に計2隻を発注。サンクトペテルブルクの造船所で建造され、2020年末に引き渡される契約だ。

 建造を担う軍需企業などによると、全長約110メートル、排水量8500トンで、厚さ1・5メートルの海氷に対処できる。60~110人の兵員が乗り組む。