東京円、108円台後半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 20日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前日比14銭円安ドル高の1ドル=108円95~96銭。ユーロは02銭円高ユーロ安の1ユーロ=116円75~77銭。

 前日の米長期金利の上昇を背景に、日米の金利差拡大を見込んだ円売りドル買いがやや優勢となった。国内輸入企業によるドル買いも円安ドル高の流れを後押しした。

 米国で20日に麻生太郎財務相とムニューシン米財務長官の会談が予定され、市場では「会談内容を見極めたいとの様子見ムードが強い」(外為ブローカー)との声が聞かれた。