地方自治体の権限拡充を 衆院憲法審査会で参考人質疑

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 衆院憲法審査会に出席した(前列左から)明治大の大津浩教授、沖縄大の小林武客員教授、東大大学院の斎藤誠教授、中央大の佐々木信夫教授=20日午前

 衆院憲法審査会は20日午前、「国と地方の在り方」をテーマに参考人質疑を実施した。専門家からは地方自治体の権限拡充に向けた取り組みが重要との意見が相次ぎ、道州制導入を求める声も出た。憲法改正の必要性では賛否が割れた。

 地方自治を巡っては日本維新の会が統治機構改革などを主張。民進党の細野豪志元環境相も地方自治の拡大を柱に据えた改憲私案を発表した。早期の改憲項目絞り込みに着手したい自民党は、野党を巻き込んだ形で議論を進めるため、積極的に取り上げたい考えだ。