拉致被害者救出で提言へ 超党派議連が総会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 超党派の拉致救出議員連盟の総会であいさつする被害者家族会の飯塚繁雄代表。右端は横田早紀江さん=20日午前、国会

 超党派の拉致救出議員連盟(会長・平沼赳夫元経済産業相)は20日午前、国会内で総会を開いた。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮情勢の緊迫化を踏まえ、対北朝鮮制裁の強化や、有事が発生した場合の拉致被害者救出策を検討するよう政府に求める提言を策定。北朝鮮に大使館を置く国に対し、有事の際は拉致被害者保護で協力を依頼することも盛り込んだ。午後、安倍晋三首相に手渡す。

 平沼氏は「被害者は苦しい毎日を送っている。一日の猶予も許されない」と強調。加藤勝信拉致問題担当相は「政府は、最優先で取り組むべき課題と明確に位置付けている」と説明した。