「菓子博」が21日に開幕 お菓子で伊勢参りを再現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「全国菓子大博覧会」の開幕を前に公開された、伊勢神宮参拝の様子を再現した工芸菓子=20日午後、三重県伊勢市

 およそ4年ごとに開催されるお菓子の祭典「全国菓子大博覧会」(菓子博)が21日に三重県伊勢市で開幕するのに先立ち、伊勢神宮参拝の様子を再現した工芸菓子が完成し、20日公開された。

 歌川広重の浮世絵「伊勢参宮 宮川の渡し」をモチーフに江戸時代の参拝客が神宮前の川を渡る様子を表現。幅10m、奥行き5・5mの大きさで、県内110人の和洋菓子職人が約1年かけて作り上げた。砂糖などを使った10万輪の桜花や250体の人形が立ち並ぶ。あめでできた川を行く船のへさきには砂糖の白波が立つ。

 制作責任者で三重県四日市市の和洋菓子職人早川賢さん(45)は出来栄えに自信を見せた。