NY原油続落、50ドル台

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク原油先物相場は小幅ながら4日続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の5月渡しが前日比0・17ドル安の1バレル=50・27ドルで取引を終えた。

 米国の原油増産を見込んだ売りが出た。一方、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の協調減産が延長されるとの思惑から買いも入った。

 5月渡しの取引は20日で終了。取引量が最も多い6月渡しは0・14ドル安の1バレル=50・71ドルで取引を終えた。