地理的表示、2品を追加登録 くろさき茶豆と東根さくらんぼ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 農林水産省は21日、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示保護制度(GI)」の対象に、新潟市の黒埼地区などの「くろさき茶豆」と山形県東根市などの「東根さくらんぼ」の2品目を追加登録すると発表した。これで農水省のGI登録は計30品目となった。

 農水省によると、くろさき茶豆は信濃川に育まれた土壌が生育に最適とされる。種子を門外不出として大切に守り、他の産地にない独特の香ばしい味が評価された。東根さくらんぼは、昼夜の寒暖差や水はけの良い土壌が好条件となり、爽やかな甘さと酸味のバランスに定評がある。