野党、中川氏は議員辞職を 自民は離党受理で収拾狙う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 衆院本会議を欠席した中川俊直氏の議席(下)=21日午後

 女性問題を理由に経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員が21日、離党届を党に提出、受理された。野党各党は「これで終わりではない」(民進党幹部)として議員辞職を求め、批判を強めた。自民党は女性問題で混乱した国会審議を正常化するため事態の収拾を急いだ。

 二階俊博幹事長は国会内で記者団に「(今後は)気を引き締めて対応したい」と強調した。中川氏が議員辞職すべきかどうかに関し「今は直ちにそういうことまでする必要はない」との認識を示した。

 これに対し、民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は「今回の事案がどれだけ重いものなのか、離党では済まない」と反発した。