米税制改革案を26日発表 大統領表明、国境税が焦点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米財務省を訪れたトランプ米大統領(左)と、ムニューシン米財務長官=21日、ワシントン(UPI共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、経済政策の柱に掲げる税制改革の具体案を26日に発表すると表明した。法人税と所得税の大幅減税を盛り込む見通しだ。米国から製品を輸出する企業の法人税を軽くし、輸入企業の負担は重くする「国境税」を導入するかどうかが焦点となる。

 トランプ氏は「(来週の)水曜日に税制改革に関する大きな発表をする。税制改革に向けた手続きが正式に始まる」と述べた。トランプ氏はAP通信が21日に配信したインタビューで税制改革について「かつてない規模の巨額減税になる」と語ったが、改革案の中身は明かさなかった。