「セツ・モード」が閉校 日本を代表する才能輩出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 長沢節さん自ら設計を手掛けたという「セツ・モードセミナー」=東京都新宿区

 ファッションデザイナーの川久保玲さんや山本耀司さんら、日本を代表するクリエーターを輩出した美術学校「セツ・モードセミナー」(東京都新宿区)が23日、閉校する。創設者でファッションイラストレーターの草分けだった故長沢節さんの生誕100年に合わせた幕引きに、卒業生からは「あれほど自由で個性的な学校はなかった」と惜しむ声が上がっている。

 同校は1954年、スタイル画教室として設立され、57年に「セツ・モードセミナー」に改称。99年の節さんの死去後は、おいの長沢秀さん(66)が代表を務めてきた。

 学校法人化はせず、私塾として運営されてきた。