蓮舫氏、選択できる政治を

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 街頭演説する民進党の蓮舫代表=22日午後、東京・JR八王子駅前

 民進党の蓮舫代表は22日昼、7月の東京都議選の公認候補予定者を応援するため、東京・JR八王子駅前で街頭演説した。「私たちは、数は少なくなったが、一つしか選択肢がない政治ではなく、選択できる政治をつくりたい」と訴え、「安倍1強体制」に対抗する考えを強調した。

 蓮舫氏が都議選に向け街頭演説を行うのは初めて。都議選に絡み、離党希望者が相次ぐ事態となっており、局面打開を図りたい考えだ。

 蓮舫氏は演説後、記者団に「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が都議選の争点になるとの認識を示した。