WBOタパレスが王座剥奪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 WBOバンタム級タイトルマッチの前日計量で、再計量にも失敗し、肩を落とす王者のマーロン・タパレス=22日、大阪市

 ボクシングのダブル世界戦(23日・エディオンアリーナ大阪)の前日計量が22日、大阪市内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)が、制限体重の53・5キロを0・9キロオーバーして王座を剥奪された。

 同級6位の大森将平(ウォズ)とのタイトルマッチは予定通り実施し、大森が勝てば新王者、負けか引き分けの場合は空位のまま。タパレスは前日計量に先だって行われた調印式を欠席して減量に専念。約2時間後に実施された再計量では0・1キロ増えており「大森に申し訳ない」と涙ながらに釈明した。