六大学野球、明大が接戦制し先勝 早大に6―5

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京六大学野球リーグ第3週第1日は22日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、3連覇を狙う明大が6―5で早大に先勝し、立大と慶大は2―2で九回規定により引き分けた。

 明大は5―5の七回に河野のソロ本塁打で勝ち越し、一回途中から最後まで投げ抜いた斉藤が今季2勝目を挙げた。慶大は2点を先行されたが、五回に追い付いた。