薬をがんに集め、より効果的に 熱で固まる化合物を使用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 熱で固まる化合物を使うことにより、効率的に放射線でがんを攻撃する治療法を京都大と神戸薬科大のチームが22日までに開発した。動物実験の段階だが、チームは「人の治療への応用も可能」とする。

 がんの放射線治療の一つに、放射性物質を直接体内へ投与する方法がある。局所的に大量の放射線を当てることができ、甲状腺がんの治療などではすでに保険が適用可能。ただ、放射性物質ががん以外の部位に広がる恐れもあった。

 そこでチームは特定の温度で固まる性質を持った高分子の化合物に注目。化合物に放射性物質をくっつけた薬を注入し、がんを温めることで、薬をがん周辺に集める仕組みを考えた。