米ツアー、石川遼は35位に浮上 テキサス・オープン第3日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第3ラウンド、2番でティーショットの行方を見つめる石川遼=TPCサンアントニオ(共同)

 【サンアントニオ(米テキサス州)共同】米男子ゴルフのテキサス・オープンは22日、テキサス州サンアントニオのTPCサンアントニオ(パー72)で第3ラウンドが行われ、47位で出た石川遼は4バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの73とスコアを落としたが通算イーブンパー、216で35位に浮上した。トップとは8打差。

 71で回ったケビン・チャペル(米国)が通算8アンダーで首位。1打差の2位でブランデン・グレース(南アフリカ)、ジョン・ホ(米国)が並んだ。