万博立候補へパリに出発 大阪の松井知事「誘致勝ち取る」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 パリへ出発前に取材に応じる大阪府の松井一郎知事=23日午前、関西空港

 2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致に向けて、パリの博覧会国際事務局(BIE)に立候補を届け出るため、大阪府の松井知事が23日、「大阪の良さを丁寧に説明する。ぜひとも誘致を勝ち取りたい」と意気込みを述べ、関西空港を出発した。

 24日午後、誘致委員会の榊原会長(経団連会長)、木寺駐フランス大使と、BIEのロセルタレス事務局長に面会し、立候補表明の文書を手渡す。誘致実現に向け、他にも関係者との会談を調整している。帰国は27日の予定。

 フランスも既にパリでの万博を立候補している。

 万博では2800万~3千万人の来場と1兆9千億円の経済効果を見込む。