大リーグ、前田は6失点で2敗目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ダイヤモンドバックス戦の1回、勝ち越し2ランを浴び、顔をしかめるドジャース・前田=フェニックス(共同)

 【フェニックス共同】米大リーグが22日、各地で行われ、ドジャースの前田はフェニックスでのダイヤモンドバックス戦に先発し、5回を投げて4本塁打を含む9安打6失点、5三振1四球で2敗目(1勝)を喫した。試合は5―11だった。

 カブスの上原はレッズ戦で11―5の七回に登板し、1回1安打無失点、1三振だった。チームは12―8で4連勝とした。

 マーリンズのイチローはパドレス戦の八回に代打で出場し、左飛に倒れた。同僚の田沢は6―2の延長十一回に登板し、1安打1失点、1四球で1死も取れずに降板した。チームは十一回6―3で勝った。