陸自戦車が市街地パレード、香川 半世紀ぶり、記念行事で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 香川県善通寺市の駐屯地前をパレードする陸上自衛隊第14旅団の戦車=23日

 香川県善通寺市に司令部がある陸上自衛隊第14旅団の戦車などが23日、同市の善通寺駐屯地前の市街地をパレードした。駐屯地開設67周年の記念行事の一環で、敷地外では半世紀ぶり。県警によると、抗議行動や混乱は確認されていない。

 14旅団によると、戦車が道路を傷つけることなどを理由に、1965年を最後に市街地でのパレードは実施されていなかった。2013年の防衛大綱に基づく来年3月の部隊改編で、14旅団の戦車は引退し、代わりに8輪のタイヤで走行する機動戦闘車が配備される。

 善通寺の近くを、戦車4台や装甲車など車両計110台と隊員約450人が行進した。