東京六大学野球、明大が勝ち点2 早大を振り切る、第3週

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京六大学野球リーグ第3週第2日は23日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、3連覇を狙う明大は早大を3―2で振り切り、連勝で勝ち点2とした。立大は慶大に4―2で逆転勝ちし、1勝1分け。

 明大は今季初登板の森下暢が緩急をうまく使い、八回途中まで2失点で勝利投手となった。立大は1―2の六回に山根が今季2号となる2点本塁打を放った。