安楽死希望の元選手が来日し交流 車いす陸上メダリストらと

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 日本のパラリンピアンらとの交流夕食会に出席したマリーケ・フェルフールトさん=23日午後、東京都千代田区

 昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックの車いす陸上女子でメダルを獲得し、引退したベルギーのマリーケ・フェルフールトさん(37)が来日し、23日夕、東京都内の同大使館で開かれた日本のパラリンピアンらとの交流夕食会に出席した。安楽死の許可を得たとリオ大会中に公表して話題になった。

 フェルフールトさんは「14歳から夢見ていた」と話すほど日本の文化が好きだという。21日に来日。5月上旬まで滞在しアスリートとの交流や観光を予定している。

 この日の夕食会には、車いす陸上のパラリンピック金メダリスト(アトランタ大会)で、ロンドン大会で戦った田中照代さん(57)も参加。