新体操、柴山がアジア選手権代表 代表選考会で1位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新体操アジア選手権の日本代表に選ばれた柴山瑠莉子=高崎アリーナ

 新体操のアジア選手権(6月・アスタナ=カザフスタン)の日本代表選考会が23日、群馬県の高崎アリーナで行われ、昨年の全日本選手権の個人総合2位の柴山瑠莉子(イオン)が合計64・500点の1位で代表に選出された。最初のフープで2位だった柴山はボール、クラブ、リボンでいずれもトップの得点をマークした。

 ユニバーシアード夏季大会(8月・台湾)の日本代表も選ばれ、合計63・250点で2位の立沢孝菜と、全日本選手権の個人総合3連覇中で4位の河崎羽珠愛(以上イオン)に決まった。