世界の軍事費、0・4%増

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ロンドン共同】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は24日、昨年の世界の軍事費(一部推計値)は1兆6860億ドル(約184兆円)で前年比0・4%増だったと発表した。原油安で産油国の軍事費が減る一方、ロシアの脅威を背景に東欧の一部で増えるなどし、全体でほぼ横ばいとなった。

 世界の軍事費は2001~09年に年平均4・5%増と高い伸びを示してきたが、その後は各国での緊縮財政などにより、わずかな増減にとどまっている。

 トップは米国の6110億ドルで、全体の36%を占めた。続く中国は2150億ドルで13%。日本は前年と同じ8位だった。