石川遼、大きく崩れて72位 テキサス・オープン最終日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 最終ラウンド、8番でバンカーショットを放つ石川遼。通算10オーバーで72位=TPCサンアントニオ(共同)

 【サンアントニオ(米テキサス州)共同】米男子ゴルフのテキサス・オープンは23日、テキサス州サンアントニオのTPCサンアントニオ(パー72)で最終ラウンドが行われ、35位で出た石川遼は1バーディー、2ボギー、3ダブルボギー、1トリプルボギーの82と崩れて通算10オーバー、298の72位で終えた。

 68をマークしたケビン・チャペル(米国)が通算12アンダーでツアー初優勝を果たし、賞金111万6千ドル(約1億2270万円)を獲得した。1打差の2位はブルックス・ケプカ(米国)だった。