落語家の三遊亭円歌さんが死去

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 死去した三遊亭円歌さん

 自作の新作落語で人気を集めた元落語協会会長の落語家、三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか、本名中沢円法=なかざわ・えんぽう)さんが24日までに死去した。85歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

 警視庁によると、円歌さんは23日午前11時ごろに自宅で倒れ、妻が119番。病院に搬送されたが意識がなく、その後、死亡が確認された。

 1945年9月、二代目円歌に入門。歌奴を名乗り、58年に真打ち昇進。70年、三代目円歌を襲名。96年から2006年まで落語協会会長を務めた後、最高顧問に就いた。「山のあな、あな」で爆笑を呼んだ。