新ホテル計画で星野代表が会見 「ディープな大阪体験を」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 星野リゾートが計画する新ホテルの建設予定地=大阪市

 ホテル運営の星野リゾート(長野県軽井沢町)の星野佳路代表は24日、大阪市で記者会見を開いた。通天閣に近い同市浪速区の新今宮駅前に計画している観光客向けの新ホテルについて「(周辺は)大阪でしか体験できない風景や文化があふれている。(立地の決め手は)ディープな体験ができるかどうかだ」と述べ、国内外からの集客に自信を示した。

 建設予定地は大阪の庶民的な下町風情が残る「新世界」エリアなどに近く、日雇い労働者が集まる「あいりん地区」に隣接している。リゾートホテルや高級旅館を手掛ける星野リゾートの進出で、観光客や地元住民でにぎわう拠点に変貌するか注目が集まる。