180万のベッドで悪夢 西川史子がメイプルに告白

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「モッチスキン吸着泡洗顔」のPRイベントに出席した(左から)西川史子、安藤なつ、カズレーザー=24日、東京都内

 洗顔料「モッチスキン吸着泡洗顔」のPRイベントが東京都内で開かれ、お笑いコンビ「メイプル超合金」(カズレーザー、安藤なつ)と、医師でタレントの西川史子が、肌の大敵であるストレスについてトークを繰り広げた。

 2014年に離婚した西川は「私はストレスしかない。やっぱり独り身は寂しいですね」とポツリ。

 安藤が「結婚ってどんな感じですか」と水を向けると、西川は「いろんな結婚生活があると思うけれど、私の場合はつらいのひと言」とため息交じりに語り、カズは「結婚がつらいって、辞書に書いてないですよ」と驚いた。

 さらに西川は「歯がボロボロと抜け落ちたり、ナイフを突き付けられたりする悪夢をよく見る」と告白。180万円のベッドを購入したというが、「そのベッドで寝ると必ず悪夢を見るので、ソファで寝ています」と語り、カズは「180万払って、部屋が狭くなったんですか」とあきれていた。

 ストレスがたまりまくった西川に対し、メイプル―は「全くストレスはない」と口をそろえる。西川が「この先売れなくなったらどうしようという不安は?」と聞くと、カズは「もともと売れてなかったから、元に戻るだけ」とどこ吹く風の様子だった。