大相撲の春巡業、本格稽古終了 豪栄道は申し合い再開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 春巡業で申し合いを再開した豪栄道=埼玉県深谷市

 大相撲の春巡業は24日、埼玉県深谷市で行われ、本格的な稽古が終了した。右太ももなどの負傷のため後半から合流した横綱白鵬は「また、しっかり稽古をして、体をつくっていく」と夏場所(5月14日初日・両国国技館)を見据えた。

 右足首の故障で3月の春場所を途中休場した大関豪栄道が、申し合いを再開した。前に出る取り口で幕内大栄翔らと10勝2敗で「相手に威圧感を与えられるようにしていきたい」と話した。

 今回の巡業は目玉の横綱稀勢の里が左上腕部などのけがで不在だが、各地で盛況。一方で幕内の稽古が約30分で終わるなど、物足りない内容も多かった。