三遊亭円歌さん死去 落語界に活気取り戻す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 高座の三遊亭円歌さん=2012年

 元落語協会会長の落語家、三遊亭円歌さんが23日午後1時25分、結腸がんによる腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。85歳。落語協会葬は27日午前10時半から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻中沢令子(なかざわ・れいこ)さん。葬儀委員長は柳亭市馬落語協会会長。自作の新作落語で、初代林家三平と共にテレビやラジオで人気となり、落語家や観客が減少していた落語界の活気を取り戻した立役者だった。

 二つ目の三遊亭歌奴時代に「山のあな、あな...」と自身の吃音経験を生かした新作落語「授業中」で爆笑を誘った。