福岡強奪、前日不審車確認されず 詳細予定把握か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福岡市のみずほ銀行福岡支店前で現金約3億8千万円が強奪された事件で、被害男性が事件前日に2人で現金を引き出した際、現場周辺で不審車両の目撃情報が確認されていないことが24日、分かった。福岡県警は、犯行グループが男性の詳細な予定を事前に把握し、単独になる日を特定していたとみて調べている。

 捜査関係者によると、男性は事件前日の19日に2人で同支店を訪れ、多額の現金を引き出した。この際、20日の事件現場となった支店向かい側の駐車場周辺で、犯行グループが逃走に使った白いワゴン車に似た車両は目撃されていないという。