国宝の書院をライトアップ、京都

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 夜の特別拝観「花灯明」を前に、照らし出された京都・西本願寺の書院=24日夕

 浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市下京区)で24日、夜の特別拝観「花灯明」を前にライトアップの試験点灯があり、国宝の書院や唐門などが優美に照らし出された。

 今回初めて夜間拝観を行う書院では、襖絵や天井画、欄間に彩られた金色が、いっそうの輝きを見せた。飛雲閣や御影堂の美しい姿も闇夜に浮かび上がった。

 花灯明は、大谷光淳氏(39)が2014年6月に門主に就任したことを広く周知する「伝灯奉告法要」を記念した行事。25日~5月2日、5月9~16日、5月24~31日の午後7~9時半。拝観料は不要だが、熊本地震への義援金を募る。