誇りは北島氏と一緒に勝負 引退表明の平泳ぎ・立石諒

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 引退の記者会見であいさつする立石諒=24日、大阪府八尾市

 2012年ロンドン五輪競泳男子200メートル平泳ぎ銅メダリストで、今月の日本選手権を最後に第一線から退くことを表明していた立石諒が24日、所属先のミキハウス(大阪府八尾市)で記者会見し「康介さん(北島)と一緒に勝負して、日の丸を背負って国際大会に出たことが僕の水泳人生の誇り」と語った。

 引退の理由に昨年のリオデジャネイロ五輪に出場できなかったことを挙げ「代表に入れなかったのが一番大きい。世界で戦いたい気持ちがあったし、うまく体が動いてくれなくて練習に打ち込めないなど、ジレンマが続いていた」と説明した。