新人候補の得票0票、新潟 23日投開票の阿賀町議選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新潟県阿賀町で23日に投開票された町議選(定数12)で新人の男性候補(60)の得票が0票だったことが分かった。同町選挙管理委員会が24日、明らかにした。

 有権者からの支持はなく、候補者本人が投じた自分への1票も無効になったもよう。総務省の担当者は「地方選挙の細かいデータを取っているわけではない」と断った上で「選挙で1票も得票できなかった例は聞いたことがない」としている。

 男性候補は取材に「投票用紙には自分の名前を漢字で書いて投じた」と主張したが、結果について抗議する考えはないという。