中国国際航空、平壌便再開 5月5日から

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【北京共同】中国国際航空が、14日を最後に休止していた北京―平壌線の運航を、5月5日から再開することが分かった。同航空が24日明らかにした。再開理由は不明。

 中国メディアは、運航休止理由を「需要減」だと指摘していたが、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対する圧力の一環との見方も出ていた。

 中国国際航空は2008年に北京―平壌線を開設し、最近は月・水・金曜の週3回往復していた。再開後は曜日を変更して、水・金・土曜の週3回の往復になる予定。

 同路線は中国国際航空のほか、北朝鮮の高麗航空も運航している。