全小学校の学級に1票検討 東京五輪マスコット選考

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会マスコットの最終的な決定方法で、全国全ての小学校の各学級に1票を与える投票を検討していることが24日、関係者への取材で分かった。年内に最終候補の3、4点を公表し、最多得票の作品を選ぶ。未来を担う子どもたちの声を反映させるとともに、全国的な大会機運の醸成につなげる狙いがある。

 この日は選考方法を決める検討会議で一般公募する作品の審査方法の大枠を固めた。検討会議は第8回の今回が最後となり、5月中旬にも同会議のメンバーを中心とした「審査会」を設け、小学生による投票を含めた審査方法の詳細を詰める。