NY株、一時230ドル高 仏大統領選で警戒和らぐ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】週明け24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比の上げ幅は一時、230ドルを超えた。

 来月のフランス大統領選決選投票で親欧州連合(EU)のマクロン候補が勝利するとの見方が広がり、同国のEU離脱に対する投資家の警戒が和らいで買いが優勢となった。欧州株式相場の全面高も買いを後押しした。

 午前10時現在は213・12ドル高の2万0760・88ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は68・91ポイント高の5979・43。