聖火、各都道府県で実行委設立へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 聖火リレー検討委員会の会合で、あいさつする東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長。右は遠藤利明副会長=25日午前、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、聖火リレーの基本方針をまとめる「聖火リレー検討委員会」の第3回会合を東京都内で開き、各都道府県の意見をルートに反映させるため将来的に各自治体で実行委員会を設立する方針を固めた。森喜朗会長は冒頭のあいさつで「特に20年(五輪)ならではの独自性や聖火リレーだからこそできることに取り組みたい」と述べた。

 会合後、布村幸彦副事務総長は実行委について「一定の日数を示して詳細なルートや人選を各自治体と相談していきたい」との見解を示した。