電通3支社幹部を書類送検 関西など違法残業疑い、捜査終結

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 電通東京本社=東京都港区

 広告大手、電通(東京)の違法残業事件で、厚生労働省は25日、労使協定(三六協定)で定めた上限を超える残業を社員にさせていたとして、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と中部(名古屋市)、関西(大阪市)、京都(京都市)3支社の幹部を書類送検した。

 厚労省は既に、自殺した新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=に違法残業をさせた疑いで、電通と上司だった幹部社員1人を書類送検。労働事件としては、異例の規模で続けられた捜査は今回の立件で終結する。

 書類送検を受け、名古屋、大阪、京都の各地検は事件を東京地検に移送し、最終的な刑事処分が決まる見通し。