北海道利尻町長選43年ぶり投票 3人出馬、過去10回無投票

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 43年ぶりの選挙戦となった北海道・利尻島に設置された、利尻町長選候補者のポスターが張られた掲示板=25日

 任期満了に伴う北海道・利尻島の利尻町長選は25日告示され、現職の保野洋一氏(69)=1期目、新人の元町議会事務局長上遠野浩志氏(64)、新人の元町教育長川端一輝氏(63)の無所属3人が届け出た。過去10回は無投票で、1974年8月以来43年ぶりの選挙戦となった。投開票は30日。

 利尻町は有権者数が1869人で、過疎化が進む。町民らによると、昭和30年代の町長選を巡って町民の間にしこりが残り、選挙戦を避ける風潮があったが、当時を知る人は減り、その傾向が和らいだとみられる。

 3候補は町役場の先輩後輩だった間柄で選挙後は当選者を支援するとそれぞれ公言している。