辺野古護岸工事「到底許せず」 移設先の沖縄・名護市長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 辺野古沿岸部で始まった護岸工事について、記者団の質問に答える沖縄県名護市の稲嶺進市長=25日午後、名護市役所

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市の稲嶺進市長は25日、同市辺野古沿岸部で始まった護岸工事について「県民の思いを無視して強行する政府のやり方は到底許せない」と批判した。市役所で記者団の取材に答えた。

 稲嶺氏は、工事主体の防衛省沖縄防衛局と名護市の間での協議や申請のやりとりが途絶えているとし「市が行政体として手を打てる状況ではない」と説明。護岸工事は「既成事実を作るパフォーマンスだ。新基地が造られることには絶対にならない」と強調し、辺野古移設を阻止する立場を改めて示した。