野党、辺野古工事着手の政府批判 「沖縄の民意は反対」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設に向け政府が名護市辺野古での護岸工事に着手したことに、野党は25日「沖縄の民意は移設反対が圧倒的だ」(共産党の小池晃書記局長)などと反発、移設を推進する政府への批判が相次いだ。

 民進党の大串博志政調会長は記者会見で「安倍政権は非常に強権的に進めようとしている。沖縄の気持ちに寄り添っていない」と指摘。小池氏は「沖縄県民が納得していないのに、既成事実を積み上げていくやり方はひきょうだ」と非難した。

 自由党の小沢一郎共同代表は「辺野古を埋め立てて飛行場を造る必要はない。工事を強行したのは遺憾だ」と強調した。