旭川の鉄工所爆発、工場長が死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 爆発が起きた「檜山鉄工所」の実況見分=25日午後、北海道旭川市

 北海道旭川市の「檜山鉄工所」で爆発が起き、従業員ら6人が負傷した事故で、重傷となっていた工場長の佐藤明さん(56)=北海道鷹栖町=が25日、搬送先の病院で死亡した。道警は、現場を実況見分して本格的な原因調査を始めた。熱して溶かした鉄が冷却水に触れて水蒸気爆発を起こした可能性があり、安全管理に問題がなかったかどうか調べる。

 実況見分は、旭川市消防本部、北海道労働局、旭川労働基準監督署も合同で実施。爆発があった鋳物工場の炉の付近を中心に、破損状況などを確認した。25日朝の爆発で16人が病院に搬送され、佐藤さんが全身にやけどを負っていた。