トルコ、シリアとイラクを空爆 対クルド武装組織で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【イスタンブール共同】トルコ軍は25日、分離独立を目指す非合法武装組織クルド労働者党(PKK)やその系列組織が拠点を置くとする隣国シリア北東部とイラク北部の山岳地帯を25日未明に空爆したと発表した。シリア人権監視団(英国)によると、シリアでは18人が死亡。イラクメディアによると、イラクでは5人が死亡した。

 両国で複数の負傷者も出た。監視団などによると、シリアの死者は地元のクルド人民兵組織、人民防衛部隊(YPG)メンバーら。イラクの空爆地点は北部シンジャール付近の山地で、死者は同国北部クルド自治政府の治安部隊ペシュメルガの兵士ら。