ジーター氏らマーリンズ買収合意 地元紙報道、約1443億円

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 デレク・ジーター氏(ゲッティ=共同)

 【サンフランシスコ共同】米大リーグ、ヤンキースの主将を長く務めた元スター選手のデレク・ジーター氏と米大統領の父と兄を持つジェブ・ブッシュ氏のグループが、マーリンズを買収することで基本合意に達したと、地元紙マイアミ・ヘラルド(電子版)が25日に報じた。金額は13億ドル(約1443億円)とみられる。

 マーリンズには昨季にメジャー通算3千安打を達成したイチロー外野手と、今季から移籍した田沢純一投手が在籍している。1993年に発足した球団で、97年と2003年にワールドシリーズを制している。02年にジェフリー・ロリア現オーナーが買収した。